カクテルの日

画像1.png

5月13日は『カクテルの日』

『カクテルの日』の由来
1806年5月6日アメリカ週間新聞「The Balance, and Columbian Repository」でカクテルという言葉が用いられ、カクテルとは?との読者からの問い合わせに対し、翌週の5月13日「カクテルとは、蒸留酒に砂糖、水、ビターを加えて作る刺激的な酒である」と定義した記事が掲載されました。
この事に因んで世界的に5月13日を『カクテルの日』としています。

日本では、2011年(平成23年)5月13日に、日本ホテルバーメンズ協会(HBA)、日本バーテンダー協会(NBA)、プロフェッショナル・バーテンダーズ機構(PBO)、全日本フレア・バーテンダーズ協会(ANFA)のバーテンダー協会4団体により制定され、都内ホテルにて「5月13日はカクテルの日」制定イベントが開催されている。
 

【5月13日レセプションの模様】(於:ホテルインターコンチネンタル東京ベイ)