ニュース&インフォメーション

■HBA/KOKUBU『2014年 第2回HBA/国分(株)共催カクテルコンペティション結果報告』

2014/09/30

 

昨年より共催カクテルコンペティションとして、第1回大会がリーガロイヤルホテル(大阪)にて開催され、今回は、第2回HBA/国分株式会社共催カクテルコンペティションとして、ホテルグランパシフィック LE DAIBA(東京都港区)にて開催されました。
 今回の大会は、国分株式会社様の主力商品である、『アリーゼ部門』、『ジャカール部門』、『スピリッツ・ウイスキー部門』の3部門にて競技が行われました。
 テーマは、『GENERATIONS』(ジェネレーション)世代を越えて多くの人に愛され続ける、創意工夫かつ普及性のあるカクテルをテーマとして、各部門10名、総勢30名で競技が行われました。

 小森谷会長より、第2回大会開催に際しての、共催企業様である国分株式会社様への御礼と、選手への激励などの挨拶と、会長の個人的な思い入れなども紹介され競技へと進められた。
 今回の司会者は、国分株式会社主催ヤングバーメンズカクテルコンペティション時にも司会を務めていた、砂田賢博氏(ホテルグランパシフィック LE DAIBA)と、フリーアナウンサーの目黒貴子さんにより進められた。
 競技説明、審査員紹介と司会者より進められ、最初の部門である『アリーゼ部門』の準備整い競技が開始された。


 

 

総勢30名の選手

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

司会の砂田氏と目黒貴子さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小森谷会長挨拶

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国分株式会社 副賞

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

審査員には以下の部門別に審査をお願い致しました。

 

 

 

 

 

 競技は、『アリーゼ部門』10名、『ジャカール部門』10名、『ウィスキー・スピリッツ部門』10名の順で行われた。

 味覚審査員は、HBAルールのブラインド方式で行われた、技術審査員は、ステージ前で全選手の技術を確認。

 

 

 

 

真剣に味わう 観光庁 嶋川智尉様

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新体制のカクテルコンペティション
委員会による技術審査

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全選手の競技が終了し、カクテルパーティーへと進められた。
 カクテルパーティー開会に際して、共催企業である国分株式会社 取締役酒類統括部長の小笠原様より、選手の皆さんへの労いの言葉と、この共催カクテルコンペティションが無事に第2回を迎えられたことへの感謝の意などが述べられ、昨今のRTD(レディー トゥー ドリンク)やRTS(レディー トゥー サーブ)等の普及に関しての話が有りました。
 また、パーティー開始の合図として、会場ホテルのホテルグランパシフィック LE DAIBA 取締役社長兼総支配人の大賀祥介様よりご挨拶と乾杯のご発声を頂戴しパーティーへと進められた。

 

 

 

 

パーティーに先立ち
小笠原取締役よりご挨拶

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

乾杯の発声は大賀取締役兼総支配人

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 会場では、まずは『アリーゼ部門』10名の選手が今回の作品をお客様に振る舞い、その後『ジャカール部門』、『スピリッツ・ウィスキー部門』の10名ずつの選手がカクテルをサーブした。選手たちの表情は競技中とは全く違い満面の笑みでカクテルを振る舞う姿は、開放感に満ち溢れていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

選手の皆さん開放感にあふれた笑顔で、お客様へカクテルを振る舞っております。

 

 


 恒例のカクテルアドバイザー・コーナーも盛況で、お客様ご自身がカクテルを作り味わっている光景も楽しそうでした。
 また、パーティーの途中では、8月に広島地区で発生した、『8・20広島豪雨災害義援金』への募金のお願いが、芹野副会長より説明が有り、HBA中四国支部長の空本祐始より、広島の現状などの話があり、沢山のお客様より義援金をお預かりする事が出来ました。お陰様で当日は、50,400円という義援金が集まり、9月4日に広島市役所へ空本支部長が寄託して参りました。

 

 

 

 

カクテルアドバイザー・コーナーも大盛況

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の義援金の趣旨説明をする芹野副会長

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広島の現状を説明する空本支部長

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9月4日広島市役所にて義援金を寄託

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回は、東京支部の各ブロック(東ブロック、南ブロック、西ブロック、中央ブロック、特別会員ブロック)が、国分株式会社様の主力商品を使い、オリジナルカクテルのサービス行いました。

 

 

 

国分株式会社の主力商品を使ったカクテルを提供する、HBA東京支部ブース   

 

 

 

 

 

国分株式会社 主力商品ブース        

 

 

 

いよいよ結果発表です。(結果は以下の通り)

 

 

 

 

アリーゼ部門優勝 角田翔

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アリーゼ部門準優勝 中山陽子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャカール部門優勝&ネーミング賞 寺澤愛里

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャカール部門準優勝&最優秀技術賞 佐々木満久

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スピリッツ・ウィスキー部門優勝 藤川勝浩

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スピリッツ・ウィスキー部門準優勝 荻原圭祐

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ジャカール部門優勝の寺澤愛里さんは、ネーミング賞とのダブル受賞、ジャカール部門準優勝の佐々木満久さんは、最優秀技術賞とのダブル受賞とまさに、ジャカール(シャンパン)でお祝いしたくなる結果となった。

 

 

 

 

目黒アナのインタビューに答える藤川さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小笠原取締役、小森谷会長と優勝者

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入賞者全員でジャカールマグナム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中締めの挨拶は阿南東京支部長

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後に、今回の主幹支部である東京支部支部長の阿南保信より中締めの挨拶が有り、第2回HBA/国分株式会社共催カクテルコンペティションは終了となった。
次回、第3回大会は、名古屋大会を予定しております。東海エリアのお客様はどうぞお楽しみに。

 

 

 

 

 

 

□全選手レシピはこちらから(PDF)

 

□8・20広島豪雨災害義援金お預かり書(PDF)

 

 

 

 

 

Please reload

協会からのお知らせ